トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話初診からの流れ地図・アクセス

衛生士のお話し

来月は・・・💛
6月4日は、今はほとんどの皆さんがご存じの日『虫歯予防の日』ですね。
今やお口の中の病気として虫歯だけではなく、20歳を過ぎたら歯周病も気をつけていかなければ
ならない病気になっています。


当院も開業して1年半が過ぎましたが、定期検診のサイクルでお越しになる患者さんも増えてきました。
皆さんの気になることはやはり堂々の第1位として!・・・虫歯はできていませんか?・・・です。
そうですよね、虫歯になりたくはないですよね。
でも、なんで?
痛むからですよね!?
実は虫歯は痛みを発することがない場合も多いのですが、『痛い(ずきずきやしみる)』と感じるだけ自覚症状が出てくれる病気ですし、目に見える部分のことなので削って、詰めることはできます。 

それよりも本当はコワイ病気としては、“歯周病” であったりします。
歯周病とは読んで字のごとく、歯の周りの病ですが、歯ぐきの病気ではありません。
歯医者へ行くとレントゲンを撮ってもらうと思いますが、歯が顎の骨に埋まっていることがわかります。
そうです。簡単に言うと歯周病は“顎の骨が減っていく病気”をさします。
顎の骨の基盤に、歯ぐきがかぶっているので顎の骨が少なくなるとまるで歯ぐきが下がっているように見えるので、歯ぐきのなくなる病気と考えていらっしゃる方も少なくありません。
そして、歯周病は必ず出血するわけでもないので知らず知らずのうちに進行していることが多い病気です。
・・・想像してみてください。
地盤の悪い土地に、家を建ててみたら・・・
植木鉢に植わっている木の周りの土がなくなってきたら・・・
お口の中の状態も同じことです。
虫歯でも何でもない歯を、支えてくれている顎の骨がなくなってきたら・・・
グラグラしてきますね?食事するといろんな方向から力がかかってきますね?根の周りの歯根膜という繊維が炎症を起こして、神経のない歯でも、噛むと痛みを感じます。
こうなってくると、結構治癒は難しくなってきます。
抜くというわけではありません。
健康な、骨が正常に存在していたときのようには治ってくれないということです。
一度減った骨は復活しません。
原因は、ひとつではないことが多いです。
様々な要因があり、そのひとつの何かがきっかけで発生し、歯周病になっていくので発見は早い方が要因を突き止めやすくなってきます。
『歯石を取ればいい』とそう簡単なことではないので、逆に、歯磨きしていれば予防できるわけでもありません。

原因がはっきりしていないと、正しい予防方法もわかりません。
6月を機に,レントゲン撮影と口腔内写真撮影から歯周病を読み取ってもらい、一生自分の歯で過ごすことを目標にしてみませんか?

歯科衛生士 野口







歯医者で治療が苦手≠ニいう方は少なくないのではないでしょうか?
 そのひとつの要因として『長い時間口を開いていると顎がガクガクしてくる』
という事が最近増えてきたように感じますので今回は、そのお話をしたいと思います。

疲れる≠ニいうこととはまた少し違い、自分は一生懸命口を開けているにも関わらず、顎が勝手にワナワナしてくる、閉じてきてしまう等 お困りの方がいらっしゃいます。
 何か自分の顎ではないかのような動きをしてしまう・・・
恥ずかしいと感じたり、削っている途中で閉じてしまったらどうしようと不安に感じたり、心中お察しいたします。
 
 簡単にいうと、口を開ける筋肉と口を閉じる筋肉は違う筋肉が働いています。
 そして口を開ける筋肉の1つである外側翼突筋(がいそくよくとつきん)≠ヘ、歩行する股関節の動きと関係しています。
 ・・・口と足!?意外に感じる方は多いいでしょう。
身体は全て繋がっていて、原因はそこになく、遠くにある≠フです。

 歩行の量が低下していたり、歩行の質が悪くなっていたりすることで、
外側翼突筋は動きづらくなるため口を開けることがつらくなってくるのです。
 歯医者で治療してないから〜別に私は関係ないわ〜と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが それは、大きな間違いです。
 例えば、腹筋:背筋=5:5で美しい立居振舞ができるように、
開口筋 = 閉口筋が結果、『くいしばり』にはつながりません。
 開く筋肉 < 閉じる筋肉 になるとくいしばる(歯ぎしりとは異なる)に移行し、食事時間以外で上下の歯を咬んでしまっている人は、遅かれ早かれ体のトラブルをひきおこします。

 歯が沈むことでの虫歯や詰め物の脱離
 沈んだ先の歯を支えている顎の骨の吸収 
 歯がグラグラしてくる 
 咬むと痛い
 顎関節の痛み
 首への負荷で血流障害や肩こり
 偏頭痛
 エラ(下顎角と呼ばれる所)や口の中の骨の隆起の発達・・・等


Q.では、どのくらいの量歩いたらよいのでしょうか。
A.自分の一番歩いていた時の量です。
 例えば、小学生の時学校が遠くて毎日通学1時間だった時が一番多いのなら、その時の量より減らすことは自分の体にマイナスのことなのです。

Q.では、どのような質がよいのでしょうか。
A.『腕振り大股』です。
 まず、立ってその場停止し、両腕を前後に大きく肩の高さまで振ってみます。そのまま足を踏み出していくと大股ができると思います。
理想的には、身長の二分の一の歩幅。
 腕を振り子のように使い、股関節を軸にして歩きます。実際歩く時は、肩の高さまであげなくてもよいですが、イメージで大きく腕を振って下さい。

 しかし、1歳になるまでに歩き始めてしまった人は、股関節がしっかり整う前に使い始めた結果、幼若(ようじゃく)股(こ)関節(かんせつ)といって、歩き過ぎがかえって軸になる股関節を痛めてしまうことがあるので気をつけましょう。
 あくまでも、自分軸で。
 体って他人と比較しても何の意味もないのです。

 しかしこの時代、便利≠ェ体を悪くしていることも多くエスカレーターやエレベーター、自転車や車 等
 院長はよくおっしゃいます。『歩くことがよいのではなくて、歩かなくなることが体を壊していくのですよ』と。 
 もし、歩けるところを歩かなくしているのであれば、それは改めていかないと、徐々に体の筋力を弱めていき、気づいた時には便利≠使うのではなく、使われてしまっていることに後悔しないようにしたいですね。
歯科衛生士 野口



舌の位置
人は誕生すると母乳を飲み始めます。母乳には栄養素が沢山含まれていて それを吸てつ≠ニいう舌の蠕動様(ぜんどうよう)運動により赤ちゃんは自ら体に取り込んでいきます。
 おっぱいの黒く濃くなった乳首を探して自ら吸い付いてきます。
 余談ですが、乳を赤ちゃんに近づけていく飲ませ方ではなく、赤ちゃんから吸い付かせることが大切です。良い歯列を作る出発点です。また、『生きていくんだ』という本能が存在するため、差し出して与えていくことでその本能を薄れさせてはいけません。 野生の哺乳類で母から与える動物はいません。
 赤ちゃんは乳房を下顎でくわえこみ、舌で上顎とはさみこむように、しごきながら乳をのんでいます。


 この動きは咀嚼の顎の動き方で、歯が生えてなくても下顎を動かし、生まれてきて間もなくから下顎の成長をし始める行為をしているのです。
 骨は動かされることにより成長していますので、母乳は栄養を摂りながら骨への刺激をする行為として舌骨筋を鍛えるのに 非常に重要な時期となります。
 舌骨筋は、人体を支えるにあたって亡くなるまでのポイントとなってきます。
舌を上顎に押し付けながら食べる。歯がそろっていても、舌骨筋が弱いと咀嚼は困難です。
 例えば、入れ歯になっても舌が上顎を押し付けるような入れ歯があれば、
ごはんは美味しく食べられますし、首はピンとおきられ背筋は伸びるのです。
 そうなると、母乳時期は長くてよいのです。2歳、3歳 よいでしょう。
 母乳で虫歯にはなりません。
 しかし、寝転がりながらの授乳では顎は成長しません。
 そして、哺乳瓶ではこの吸てつ≠ヘできません。

 又、離乳食や、6歳頃までの食材の勘違いが目にとまります。まるで大人用の小さい固形物を食べさせているようです。
 舌を上顎に押し付けてつぶせる食材≠考えてみると 小さく玉状にしたごはんや肉、生野菜などの間違った食事を与えてしまっているようです。
 母乳でやっと 舌をつかっていたのに、すりつぶせる歯も生えそろっていないのに固形物を与えればのみこむ%ョ作をするようになります。

 せっかくまだ下顎を前後に動かして将来の咀嚼の動きをしながら舌を鍛えているのに、途中で不適切な食材によって中断させ、のみこむことをさせてしまっているのです。
 のみこむ訓練をしてしまえば、歯が生えそろっても咀嚼=臼歯ですりつぶす食べ方≠ェできなくなっていて、のみこむ食べ方をします。
 どのくらい苦しいことなのか?
 コンビニのおにぎりを4等分にして、咬まずに食べてみて下さい。苦しいと思います。同じ事を6歳までの子供に 強いてはいけません。
 カボチャやお芋、魚の柔らかく煮たもの など舌で上顎に押し付けてつぶせる固さのものを作ってあげて下さい。 子供はまだ色々な味をしりません。
 外食やお酒を知っているご主人よりも、とっても素朴で簡単に作れます。
 味付けや色どり、レパートリー・・・と苦労することはありません。
 単純でよいのです。
親がどんなに忙しくても子供から獲物を探させること
(スプーンを口に入れていかない 子供からくわえてくるまで待つ)
両足を地につけて、正面をむいて食べさせましょう。
顎が最大限に動いてくれます。



 2〜3歳の子を観察していると、アイーンの下顎をよくしています。あれは、下顎を動かしたいという体の対応です。やめさせなくても下顎が出てしまうことはありません。(家系的に骨格遺伝があるのは別)
 顎が強くならない、大きくならないことを 、かたまりの固い食材によって補おうとすることは間違いです。2歳3歳4歳の時に上顎骨は舌で育ちます。食べ物を咀嚼ではなく、舌で押しつぶす力で、です。
 まちがった情報が正しいかのように出回っているのだとしたら解剖学的に人の体をよんでいくことで何が正しいことなのかわかってくることも多いと思います。

 いつの時期に何を与えるか、正しい使い方をしているか、で 健康でいられる
基礎をつくっていけるのです。大人になっても、正しい使い方を続けることで
自分を守ることが可能です。今一度見直してみましょう。
歯科衛生士 野口

食べたものが身体を造っていく
吉川医療モール歯科も10月1日で1歳になりました。
あっという間に時間が過ぎた1年でした。
少しずつ患者さんも増えてきて、1人1人にどんなお話しをしていくことがこの方の生活が健康であり続けるために効果があるのかを考えながら、日々仕事に励んでおります。

9月末の土・日に歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士 合同の講習会を受講してきました。
その講習会はいつも、新しい身体とお口の中のこと≠ェ聴けるのですごく楽しい勉強時間です。
毎年聴いているのに今回も目からウロコが沢山ありましたので、ぜひ皆さんにも知っていただきたいと思います。2日分を全部お話ししきれないので、少しずつ分けてお話いたします。


食事をするためには歯が必要ですが、実は『栄養を体内に取り入れる』ということは生まれる前から始めています。
そうです!お母さんのお腹にいる時からです。もっと遡(さかのぼ)れば、そのお母さんが身ごもる以前から、赤ちゃんへの栄養コントロールをしておかなくてはなりません。
血でいっぱいの胎盤を通って胎児に酸素や栄養を与えるわけですが、その血液が毒もなく酸素いっぱいでないと胎児もその状態で育っていきます。
お父さんとお母さんがくっついて、受精という奇跡的な瞬間から着床完了まで6〜12日といわれています。
着床できたら、もうお母さんから栄養供給開始されるのです。内臓は約28日で、でき始め約35日で体ができます。その頃ようやく、妊娠したかも?と自覚していくのですが、その時から食≠竍嗜好品≠ノ気を付けても遅いのです。
これは子供や大人にも共通して言える事ですが、

食べたものが身体を造っていく

のですから、口に入れる前に 何を体の一部にしようとしているのか をよく知り、確認していかないと、物があふれる今の世の中怖い事だらけです。
普段何の気なしに摂っている油≠気にしたことはありますか?
キャノーラ油、サラダ油・・・オリーブオイルやココナッツオイルまで、「売っているから悪いものではないだろう」と、無意識に「安価なものだから、沢山つかうから」と手頃さを重視していませんか?
昔は見られなかったキレやすい子、おちつきない子は何が原因なのでしょう?
もし、しつけの問題以前のことだったとしたら?
環境ホルモンの影響も随分前から言われています。
それらは、生体にアクセスしてくる怖い事で、食の中に入っています。
ラットの実験で様々な油を習慣的に与えたところ、脳の正常状態を破壊し、意味もなく動き回り寿命が短かった油は、キャノーラ油だったという結果もでています。
植物油脂と表示されている食品は何の油を使っているのか明記する義務はないそうです。おにぎりやお惣菜、チョコレートやスナック菓子などの表示を気にしてみましょう。

大量生産・安く販売するには、安い油・・・。
実は血糖値の上下は糖質≠ナはなく、脂質≠ノよって改善されることをご存知あれば食生活も変わってきますよね。
米を我慢していても一向に病気改善しない。
アーモンドは糖質ないからと毎日食べていたら、その脂質でインスリン抵抗性があらわれ、血糖値は上がります。

よく考えれば、昔の調理方法に 炒め物 揚げ物 はほとんどありませんでした。
今一度、現代のもの≠ェあふれる時代で原因不明の病に振り回されないように、昔のシンプルな食を見直してみては如何でしょうか。

よく考えると、歯科≠ヘ人の全ての時間に関れる唯一の病院であり、産前から産中、出生し、乳児、小児、学生、社会人、中高年 というふうに 病気の原因と結果を見届けられる機関であるため、より身近に医療の本質を発揮できます。そんなところに貢献できていることを嬉しく思う、責任を感じる、私です。



歯科衛生士 野口

国会における歯科医療についての質疑応答がおもしろかった
国会答弁で興味のある内容がありました。
2017年6月5日の決算委員会で参議員決算委員の山田宏議員と安倍晋三内閣総理大臣と厚生労働大臣の塩崎恭久大臣による答弁です。

山田議員は安倍首相に質問します。
「決算の中での医療・健康問題についてお聞きしたいと思います。
総理は定期的に歯医者さんに行かれますか?歯が痛くなって行かれますか?」

総理 「基本的には歯が痛くなってから行くのですが、最近は痛くなる回数が多いものですから、定期的に近くなっております(笑)」

山田議員 「ダメなんですね それじゃ。歯が痛くなくても、定期的に痛くなくても歯医者に行って健診受けて、なるべく早く歯周病等を治す必要がある
と思うんです」

と始まりました。それ以降の答弁内容をまとめますと、歯科健診を行(おこな)っている人と行(おこな)っていない人では、年間医療費が10万円、歯科健診を行(おこな)っている人の方が少ない。
また、歯科健診を実施している事業所としていないところのデータをとると、実施しているところの方が医療費は下がる


歯周病の有無によって、医療費は、歯周病をもつ人の方が高い。
つまりは、残存している歯の本数が多い人ほど医療費が低く、歯周病がない人はある人に比べると年間医療費が低くなる。
1人当たりの年間医療費:65〜75歳 平均55万円 /75歳以上 90万円強
又、昔、杉並区長時代の山田議員は小学校に47校中7校にブラッシング指導を導入してもらったところ、インフルエンザの罹患率が違ってきて、学級閉鎖率が45%。そうでない学校は79%と歴然とした差が出た、と。
口の中をキレイにすることでインフルエンザにならない、つまりは医療費がかからない。

 『口』は全ての入り口で、栄養もばい菌も取り込みます。血管を通り体中の器官へ送られるわけですから やはり、糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・肺炎等のリスクもあがり、結果治療として通院し、薬代も付加され医療費も増えていくことにつながります。

 長年 同医院で勤めていますと、定期健診に一定間隔でいらっしゃる常連患者さんは半年(約182日)中/検診に4〜5日かけて虫歯チェックと歯石除去とクリーニングをするだけで、大きな治療にもなりませんし、
 ある意味 通い続けられている現状から考えると体全体も変化なく生活も安定しているから なので 大病も少ないように感じます。

 あんなに多忙な安倍首相も歯科定期健診へ行こうという思いを強くしたところのようなので、ぜひ皆さんも『歯医者は予防するところ』という新しい概念で利用してみてはいかがでしょうか。

歯科衛生士 野口

見落としがちな 飲み物の中の砂糖
少しずつ気温も上がってくる季節となってきました。
朝晩はまだ涼しいですが日中は暑く、体調も崩しがちです。
熱中症対策として水分補給といわれますが皆さんもう一度一緒に確認しておきましょう。

ミネラルウォーター又は麦茶が最適な水分補給ですが、普通の水であったとしてもこまめに飲み、食事中の塩分で日常の発汗等で失った分を補えます。
問題は水代わりに、つまりは水分補給として、どうせ飲むなら少しでも美味しい物をとスポーツドリンクやジュース、糖入りコーヒーや紅茶を好んでいる方は多いことです。人工的な果糖やブドウ糖を多量に摂取し続けることは、中性脂肪やコレステロールの合成が増え、動脈硬化症や脂質異常症の危険が高くなるといわれてます。もちろん糖尿病にもつながります。
口の中の歯垢も増えて、ベトベトした口の中になります。
歯肉は全体に赤くなります。
糖のマイナスとしては・・・
 *肌がベトベトしてくる
 *やる気が少なくなり脱力する
 *怒りっぽくなる
 *キレる
 *イライラする

 等です。

某歯科の参考写真


そこからつながって歩行減少したり、お腹が減らなくて食事が偏ったり姿勢が維持できなくてゴロゴロしたり、ポカーンと口を開いたままだったり、血巡りも悪くなるので血中酸素も減少します。頭痛や肩こりもそうでしょう。昼間うたた寝するので夜は寝れず結果睡眠不足、朝食食べないなどの生活習慣が熱中症へとつながっていきます。
又、日頃からのタンパク質摂取をしていると体内にてアルブミンが作られるようになり(水分を保持する働きがある)血管内の水分も増えると血液循環量も増えます。そうなることで汗をかきやすくなったり、皮膚の熱拡散をしやすくなったりして熱のこもりにくい体になるのです。

〈タンパク質〉
・肉 ・魚 ・卵 ・チーズなどの乳製品 ・大豆タンパク
私はずっと朝食は、納豆、ごはん、お味噌汁です。
水分がないと生きていけない性質なので(笑)仕事中もミネラルウォーターや炭酸水を飲んでいます。
当たり前ですが日頃からの習慣が病気知らずの身体を作りあげるので、今一度見直してみてはいかがでしょうか。
歯科衛生士 野口

“自分サイズの歯ブラシ?”
 現代、物のあふれる時代 口腔ケア用具として何を使ったら良いのか?
悩んでしまう方も少なくないと思います。
当院でも患者さん各々に合ったハブラシや歯磨き粉等を処方しておりますが、
大型店に置かれている種類の中から選んでと言われたら、私も迷ってしまいます。
 それで今日はポイントをお話しようと思います。

 そもそも歯磨きの歴史は、6世紀頃『房楊枝』として仏教とともに中国から伝わったことから始まりました。
 最初は、今のような毛状のブラシではなく、つまようじ的なもので木の先がつぶれて別れ房のようになった形、食べカスを取ることから始まりました。
 それからだんだん今のような形に変わってきたわけですが、毛の材質や形状、大きさ。または、デンタルフロス(糸ようじ)で歯と歯の間を磨いたり、歯間ブラシで歯のつけ根を磨いたり、歯磨き粉に色々な成分が取り入れられたり、マウスウォッシュ(洗口剤)がでてきたり・・・。

 皆さんはお気づきでしょうか? 物が豊かになり、これだけ口の中をキレイにするアイテムが増えているにも関わらず、歯科へかかる人口は減少していないのです。つまりは、口の中だけキレイにできていても病気になる。汚れだけに病気の原因があるのではないのですね。
 そうは言っても人と関り合う社会です、エチケットとしてお口の中をキレイにする事は大切ですよね。
 そこでハブラシ選びのポイントをお話します。

«吉川医療モール歯科流»
  大きさ:人差し指 第一関節位
  形:上、横から見て長方形 時々 だ円
  毛の質:ふつう毛
  毛先:ふつう 超極細毛は禁忌!!


これは声を大にして言いたいポイントです。

 解剖学的に、歯肉と歯の間には常に潤っている浸出液が歯肉の底から湧き出ているので、そこまで入り込めてしまう超極細毛はその潤いを掃き出し➡@乾燥へつなげてしまうこととA歯肉の内側を常にこすりすぎてしまうため➡歯肉を角化し、硬くし、
縮めます。まぶた≠フ中を毎食後、毛でこするようなイメージです。ヒリヒリしてきますよね?ドライアイは、涙が少なくなって痛いですよね?

 潤いがあれば、汚れも溺れてしまって口の中へ排出され、唾液によって更に洗い流されます。又、乾き気味の所(歯面や歯根面)には、汚れは付きやすくなります。
 それと同じ理由で、デンタルフロスが歯と歯の間だけではなく、勢いづいて歯肉の溝へバツンと入りすぎたり歯間ブラシでフワっとしている歯と歯のつけ根に通しすぎたりすると歯肉は退がりはじめます。
 やり方とやる部位をプロに見極めてもらわないと取り返しがつきませんね。

 電動歯ブラシ・超音波歯ブラシに関しては、ご自分の手が動くうちは手磨きで良いと考えています。手を動かすことは脳との相互作用で頭の体操になりますし、手≠ノ勝るものはありません。
 しかし、どちらの方がよいかといえば、超音波ハブラシの方が良いかもしれません。

 歯磨き粉は、目的別に選びます。着色予防、歯を白く、虫歯予防、歯周病予防・・・。例えば、虫歯予防のフッ素が多ければ研磨剤が少なくなるので着色予防目的としては、効果がさがります。3日おきに、1週間おきに着色予防1回使うという利用の仕方でも良いかもしれません。

 色々あげてきましたが、あくまでも『ハミガキアイテムで病気の予防は100%できません』。口の中の細菌を作っているのは、体≠ナあって個人個人の生活
免疫力を左右するのです。これは、忘れないようにしていただきたいポイントです。

歯科衛生士 野口

“ 歯に良い食べ物?”


 虫歯や歯周病は、歯みがき不足や磨き残しが原因ではない!!!とお話ししてきました。
 それでも、原因からなかなか抜け出せない自分がいたりすることもあるかもしれません。
 あるところから、歯によい食べ物、という情報が入りましたので、ここでご提供いたします。
 しかし、「〜によい食べ物」「〜によい飲み物」と言われているものは、それだけ摂取しても
 あまり意味をなさないようにも私は感じますので、あくまでも 『朝食・昼食・夕食を食す』
『日本人であるならば和食中心とした食事を』『偏食しない』は、基本にしてください。


また、ショ糖(砂糖)の摂りすぎは虫歯につながります。
ショ糖は気づかないうちに摂取量が増えていく、脳内を中毒にしていくものです。そこから、糖尿病へと発展していく場合が多いようです。
むし歯を起こさない甘味料のひとつで、キシリトールがあります。ただし❕
ガムは歯を垂直に使う癖を作り食いしばる癖を作ってしまうためおすすめしません。
また、糖尿病は、歯科分野でも深い関係があり怖い病気です。
糖尿病が原因の、歯周病・虫歯・味覚障害・舌や口内の粘膜が荒れる、などのトラブルが最近増えているように感じます。
普段からの、偏りの少ない生活があなた自身の身体を作ってくれます。
ぜひ見直してみてください。
歯科衛生士 野口

“ その中に口腔ケアグッズも入っていますか?”
3月になると、6年前のあの日のことを思い出します。
金曜日の診療中、歯石除去をしていた私は体に揺れを感じ、いつもの地震だろうと手を止めましたが、ゆっくり大きくお椀の中でかきまわされるような動きに、思わず!患者さんと目を合わせて治療台を起こしていました。
そのあとは皆さんと同様、TVで恐ろしい現実を目の当たりにし、翌日まで職場にいることとなりました。


その時から“防災グッズ”を備えはじめた方も少なくないと思います。
水や食料品、救急セットやライトの類は基本セットです。
その中に、口腔ケアグッズも入っていますか?

被災生活が数日、数週間、数か月…に延びてくると、心身共にストレスをうけ、免疫力がさがってきてしまいます。
『誤嚥性肺炎』という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?
食べたものや飲みもの、唾液が、食べものの通り道である《食道》にいかず、空気の通り道である《気管》に入ってしまい、それらと一緒に細菌も入りこむことで肺に
炎症を起こしてしまう病気です。
実は、飲食した後のケア不足でこの病気にかかってしまった高齢の方も少なくないようです。
口腔ケアを行うことで細菌を減らせるだけでなく、唾液分泌も促進されることから、やはり防災グッズにはぜひ口腔ケアグッズも追加してあげてください。




いざという時にあると便利なものです。
ガーゼやスポンジブラシは、唾液の少なくなった高齢の方の頬内側をぬぐうことで汚れを除去し、刺激することで唾液を出す効果もあります。
小さめのゴミ袋は、水を入れることもできるのでコップ代わりにもなります。
折りたたみ式鏡は、鏡の面が内側にむくことで破損防止になりますし、置いて使用できます。
ぜひ今一度、バックの中を点検してみましょう。
歯科衛生士 野口

“「自分の免疫力」 こそ 病気にならない秘訣 ”
 先月、お伝えしたレントゲン≠ゥら生活がよみとれるという
お話は少しご理解いただけましたでしょうか? 
 生活=その人の生き方になるわけですが誰もが自分の生活に悪いことだと思いながら、その行動を続けている方は少ないと思います。
 ただ、思い違いで行っている習慣がもし!自分の免疫力を下げていき病気を作ってしまっているとしたら、どうでしょう?



 先日、私の尊敬する先生の1人 安保 徹先生 がお亡くなりになりました。
安保先生の考えをもっと知りたいと興味を覚え、講演会や本などで少し勉強した頃がありました。
 
 【生き方や考え方に無理があって、その状態が長く続くと心と体の状態を繋ぐ自律神経のバランスが崩れていき、やがて病気になるのですが、その生き方や考え方の無理に気づいて生活を変えていくと病気は自然に治っていくのです。
それは、人間の体に病気にならない力『免疫力』があるからなのです。】
 
 免疫力が低下していくと実は、歯周病にも繋がってきます。
 例えば風邪をひいて発熱したとします。発熱は体内の免疫力が働いて
治るためのステップ。それは熱によってウイルスを殺してくれる自己防衛作用。ですからお薬で熱を下げるのはその機能を止めてしまうことにもなるため、老人・子供の高熱とか脳に危険な場合をのぞいては
自然治癒の方が治りも早かったりします。
 体温が安定し、常に36°〜 37°間であれば歯周病菌も自己免疫力でおさえられ活動できません。(私たちのクリニックでは36.5°以上を目標にしています)
 生ぬるい温度の中で悪い菌は生きていきやすいのです。
 ガン細胞も熱に弱い。温泉療法が取り入れられている理由のひとつです。
 又、先日透析患者さんも、治癒にむかうことができるという著書を見つけました。
【今から15年位前、透析に入っている人の人数を見たら10万人でした。丁度その頃1年に1万人位患者が増えているというので15年経って25万人になったのかなと思い最近の統計を見てみたら、40万人になっていました。医学が発達していたら1万人を5千人にしたり4千人にしたりできるはずなのにむしろ1年に2万人規模で増えている…
 なんで急性腎不全や慢性腎不全になっているか、根本的な原因は…もう圧倒的な過酷な生き方で血流障害が起こって血流が悪いと尿を作れないからなのです。……中略、……体を温め程ほどの水分を採って血流を増やせば腎臓も元気にできる、体を温めればストレスにも対抗できる】
 などと非常に興味深いことがたくさん書かれていました。


 歯周病も免疫力低下によって徐々に発症してくる病ですが、全体的にまたは局所的に血液循環の悪いところは“レントゲン”から読取ることができます。  なぜ?この歯だけグラグラしてきたの?
 また、以前からいわれている免疫力を高める十か条を参考にしてみてください。

     1.もっとも重要なのは、働きすぎないこと
     2.悩みがあっても、悩み続けないこと
     3.おおらかにして、怒らないこと
     4.筋肉を使うこと
     5.バランスのとれた食事をすること
     6.睡眠時間をきちんと確保すること
     7.いい人間関係をつくること
     8.趣味をもつこと
     9.よく笑うこと
    10.五感を刺激する自然や芸術に触れること


 免疫をコントロールしているのは、自律神経です。体を構成する約60兆個の細胞を調整する役割を持ち、心臓の拍動や胃腸の運動も自律神経の支配下にあります。それは、交感神経と副交感神経があり両者のバランスが崩れてしまう事で様々な症状や病気を作ります。
 ご自分のタイプがどちら側強いのか知っておくことも、予防のひとつになるかもしれませんね

歯科衛生士  野口

“自分を知る”
皆さんはご自分の身体や心のことをどのくらい理解してあげていますか?
全く知らない、という方は少ないと思いますが完全に理解している、という方も少ないかと思います。
ある程度自分の現状を把握しておくことは、痛い・苦しい・悲しい思いをせず今日からの未来を
楽しく・明るく・笑顔でできる限り健康的に過ごしていけるヒントになるでしょう。
結果それは、自分のために、また周囲の人に対してへの敬意につながることでしょう。

そこで、当院でわかる自分診断が簡単に受けられます。
どの歯科医院でも撮影する、「レントゲン」です。
木の年輪、成長輪ともいわれるように、年輪を数えることで、その木の樹齢を知ることができます。また、年輪には大規模な干ばつや山火事、虫害などの痕跡が残されていることがあります。この痕跡と様々な記録を比較することにより、その木の過去の生育環境を調査することができることと同じように、
「骨」には、その人しか生きてこられなかった歴史が刻まれています。



このレントゲンは、初診でいらしたときに撮影する"オルソパントモ"というものです。
この1つの画像にたくさんの情報が書いてあります。
 歯槽膿漏の進行具合/虫歯/治療歴/親知らずを含める歯の本数/神経の生きている歯、神経を抜いて
 いる歯/根の長さ ・・・はあたりまえです。
 かみ癖側/腹筋系骨格か背筋系骨格か/自分に起こったこと、自分の周りで起きたこと/がんばり屋さんか
 のんびり屋さんか/くいしばりぐせ/食品の嗜好/骨内の血流/成長発育過程において歩行してきたか否か
 /肩こりか 腰こりか/咀嚼してきたか早食いか・・・・・

生活の結果が今の口の中=身体、であれば、そこを解読してまずは自分を知ることが今後の予防につながっていくと思いませんか?
基本がそれぞれある中、他人と比較し自分を評価することは身体においてはあまり意味がありません。
例えば、嗜好品のたばこやお酒、同じ量を摂っていたとしても病気に冒される人、そうでない人の差はどこに
あるのでしょうか?
好きなことだから止められない!・・・それはよくわかります。でも、もし?あなたにとって悪いことだったのだとすれば、止めないまでも、何らかの症状が発生したときに立ち止まって、原因を思い返すことでそれを控えることはできるはずです。
また、ある意味あきらめもつくかも?しれませんね(笑)
自分の当たり前となっている習慣を、評価してもらうことで、簡単に食い止められることもあるのです。
ぜひ今後の生活にお役立てください。

歯科衛生士のおはなし
はじめまして、歯科衛生士です。
長くこの職業に貢献していると、身体全体の骨格や生活習慣、食事や栄養にも興味がわいてきて自分のできる範囲内で患者さんにお伝えしています。

さて、歯は大切だと感じている方はたくさんいらっしゃると思いますが、いろいろな感情が、歯医者から足が遠のいていることをわたしは知っております。
初めてお会いする患者さんに言われること



さて、歯は大切だと感じている方はたくさんいらっしゃると思いますが、いろいろな感情が、歯医者から足が遠のいていることをわたしは知っております。
初めてお会いする患者さんに言われること

    第1位歯医者って緊張する...麻酔とか削るのとか痛くないですか...?
    第2位歯医者って何回も通わなくちゃいけないから...
    第3位何でこんなになるまでっ、って怒られるのわかってるんですけどね...
    第4位口の中みられるのは はずかしい...

そんな気持ちを抱える方ばかりではもちろんないのですが、マイナスイメージは高いようです。
そんな中、最近自分にプラスを、と、増えてきた患者さんは 
 
    第5位しばらく歯科へ行っていなかったから検診してほしい
    第6位歯をきれいにしたい
    第7位歯を白くしたい
 
わたしたちはあくまでも医療従事者の立場に立ってしまっている以上、それぞれの患者さんの本当の立場になることは難しいことなのかもしれません。
 
が、例えばわたし自身が病院にかかるときにはきちんと『説明』していただきたいですし『自分自身の現状を把握』 しておきたいと思います。
また、せっかく行った病院で感じのよくない接遇はもちろん受けたくありません。
わたしの両親や姉妹、友人も、先生とわたしたちを信頼して受診してくれていますが、嫌な思いや治療は絶対にさせていません。

すべての患者さんが当医院と相性が合うとは考えられませんが、極力患者さん目線で接遇することが大切なことと経験上理解している歯科衛生士 野口は、この新しい歯科医院でお困りのみなさまをお待ちしております。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

歯科衛生士 野口

トップページドクター紹介スタッフ紹介お問い合わせアクセス・地図
Copyright (C) Yoshikawa Medical Mall Dental Clinic All Rights Reserved